RS232Cの絶縁を考えているのなら

最近は、そもそも使う事が少なくなったRS232Cだけど、
産業用では、まだ使われていて、簡単な制御情報のやり取りに使われている。
基本的に1対1の通信で、
通信の安定性をとるのなら、簡単なUARTを使う意味はまだまだある。
でも、ちょっと問題があるのが、
基本的にグラウンドが繋がってしまう点。
ほとんどの機器には関係ないのだけど、グランドが繋がってノイズが回ることで誤動作をする装置もあって、
出来れば絶縁しておきたいとも思う部品なのだ。。
安曇野電子
最近はRS232Cがらみのモジュールを作っているお店も減ったけれど、
このショップには、絶縁変換モジュールがまだ売っていて、
かなり便利に使っている。
それ以外にも、RS232Cのモニター基板とかあって、こちらもすごく便利に使えるので、
良く購入しているよ。