離婚しないけど本気というツラさ

「離婚しないけど本気」なんて言えば多くの人はこう言うだろう。
「都合がいいだけ」「本気なら離婚する」「自分に酔ってる」
客観的に見たら自分でもそう思う。
しかし、実際にこういう感情があることを最近知った。
私も妻も40を超え、今さら妻に「好きな人がいるから離婚してくれ」なんて言えない。
40過ぎで子どももおらず、仕事もやめさせた。
そんな妻を寒空の下に放り出すことなど私にはできないのだ。
だが一方で、ある女性を好きで好きで仕方ない。
人生でいちばん好きになったと自信をもって言えてしまう。
妻への責務と彼女への愛情。
これは同時に発生して然るべき感情であり、となれば離婚という選択肢は極限まで難しくなる。
離婚しないけど本気」という記事を見たが、まさにこんな私の心情を表しているだろう。
それなら彼女を諦めるのが筋なのだが、どうしたものか…