気長に焦らず継続がいちばん効果あり

食べ過ぎや便秘などで体重アップし、ウエストあたりがぽよんぽよんしたとき、私が実行したのは、腹式呼吸とねじりの運動です。
腹式呼吸は、ヨガの本に書いてあった方法を実践しました。
鼻から深く吸って、鼻からゆっくりと長く吐く、吐くときはお腹と背中がくっつくイメージでへこましていき、悪いもの(この場合は脂肪)が身体から出て行くような気持ちで行います。
お腹のしたに丹田というツボ?があるので、それを意識すると、下腹部にも効果があります。
https://lifeinnovation.jp/
また、この呼吸で息を吐きながら、腰をねじるとウエストに効いていることがわかります。
ねじりはゆっくり目にした方が、意識がウエストに集中して良かった気がします。
腹式呼吸とそれに合わせて腰をねじるのがベストですが、腹式呼吸だけであれば思いついたとき、例えば通勤電車のなか、オフィスで一息ついたとき、家でテレビを見ているときなど、合間合間にちょこちょこできます。
即効性は期待できませんが、繰り返し行うと、気がつくとスカーゆるくなった?!と感じると思います。