森の少女はどこなのだ

御札は剥がれ落ちていたよく見ると御札の表面が真っ黒に塗りつぶされていた俺はこの一部屋から一歩も出ることなく夕方まで過ごした理由が死んだという知らせはない。
俺のところに奴が来ていたからだと思った御札のおかげで助かったのだあの少女に会うには最初のように女が出来が良いと思った森に入ること自体恐ろしかったが自分の命がかかっていると思うと気にならなかったそして16時を回った頃俺は忍び足て家を抜け出し森へ入った。
歯がいくらさだけど彼女は見つからなかった粘土が大木に打ち付けられているのが残っていて俺はすぐさまそれを壊した俺はいい加減歩き疲れて森を出た落ち込みながら歩く俺は入り口で再び黒い犬を見た呼吸をしている様子はないやはり鳥肌が立つ俺は下を向いて進む家に入る前に俺は少しだけ振り返ってみた雨はすでにそこにはいなかったこのままでは本当に殺されると思い俺は家を消して