期間工の仕事のキツさは稼ぐために必要!専門家が解説します!

私も期間工として働いたことがありますが、やはり大変な仕事です。
特に仕事内容や環境は、慣れるまでの数週間は大変です。
しかし、大変ではありますが、その分稼げます。
未経験者でも年収400万以上という破格の給料を得ることができますし、寮費や光熱費も無料なので、出費を抑えた生活を送ることが可能です。

今回は、期間工がなぜ大変なのか、期間工の魅力についてわかりやすくまとめていきます。
これから初めて期間工になる方の参考になれば幸いです。
結論から言うと、期間工で働くのは大変です。
何が大変かというと、以下の通りです。
(1)仕事がキツイ。
(2)人間関係が大変。
(3)寮の環境が大変。
この3つが「期間工はつらい」と言われる主な理由です。
一番大変なのは仕事ですが、それ以外にも期間工が大変な点はたくさんあります。
仕事がつらい
ここから「期間工=激務」という考え方が生まれます。
仕事がつらいというのは、いろいろな言い方があります。
仕事がつらいと感じる6つの理由
①体中が痛くて辛い
②仕事を覚えるのが大変
③仕事のスピードが速くて大変
④重量物の取り扱いが困難
⑤単調で過酷な仕事
⑥夏は暑くて辛い、冬は寒くて辛い。
同じ仕事でも、様々な過酷さがありますので、順を追って説明します。
工場で働く人の仕事は、肉体労働です。
もちろん、工程によって負担の度合いは異なります。
(1) 重いものを大量に運ぶ作業
(2) 1日に5,000本のボルトをインパクトで止める
(3) 一日中歩き回っている
(4) 無理な体勢での作業
(5)期間工の一般的な肉体労働はこんな感じです。
当然、体中が痛くなります。
指は曲げられない。
腕が上がらない。
足が痛くなる。
腰が痛い。
こうした身体の変化は日常茶飯事です。
特に、仕事に慣れた最初の数週間は顕著に現れます。
あちこちが痛くなるのだ。
スピードも要求されます。
重いものを運ぶために素早く動かないといけないとなると、さらに厳しくなる。
期間工の持病のひとつに「バネ指」というのがあります。
指を酷使していると、やがて指の弾力性が失われていきます。
バネ指の症状は、軽く握っただけで硬くなる。
指を伸ばそうとすると、バネで元の位置に戻り、丸まってしまう。
朝起きて仕事に行こうとすると、指がまったく動かせないことに絶望する。
歯を磨くのも、朝食をとるのも大変だ。
軽いバネ指であれば、体が温まれば動きますが、ひどいと仕事に支障をきたします。
手や指を酷使するような作業だとバネ指になりやすいんです。
私はインパクトを使う工程があったので、最初のうちは特に指が痛くなりました。
これは期間工になれば誰もが通る道だと思います。
しかしその分、期間工は稼げます。
稼げる期間工についてはコチラのページを参考にしてください。
稼げる仕事探し