味噌汁をおいしくする3つのコツを紹介

味噌汁飲んでいますか?味噌汁は日本人の汁物に最適で、一品になりますよね。そんな味噌汁は、ひと工夫で抜群においしいみそ汁になるんです。今回は美味しいみそ汁を作るためのコツを紹介しますね。
1つ目は、だしパックを使うことです。だしパックと言っても、味が付いていたりするのではなく、削り節などが詰まったパックのことです。最近は、スーパーのプライベートブランドで無添加のだしパックが売られています。このだしパックを使うだけで香りとうまみが増えて、味噌汁がおいしくなります。
2つ目は、みそを複数を使うことです。私がオススメなのは、甘みのある麹みそ、香りの強い赤みそ、バランスの良い合わせみそです。3つ合わせるとそれぞれの癖が丸くなりまろやかになりますが、3つも買うのはちょっと大変ですよね。麹みそと合わせみそだけでもOKです。だし入りの味噌ひとつ使うよりもおいしくなりますよ。
3つ目は個人的なおすすめなのですが、無添加の味噌を使うことです。アミノ酸などが添加されていないみそは、大豆、米、塩、といったシンプルな材料で作られています。純粋に味噌のおいしさとだしパックで取ったうまみが加わることで、おいしくなります。
ちょっと変えるだけで、抜群に味噌汁がおいしくなります。笑みがこぼれるほどです。料理は手間がかかるので楽をしたいですが、味噌汁だけでもちょっとこだわると、ご飯が楽しみになりますよ。