北海道と東北は共産国家になるはずだった…ロシアの「日本占領作戦」が実行されなかった間一髪の偶然!?

1945年の敗戦後、アメリカ、イギリス、中国、ロシア(旧ソ連)の間で、日本を分割して征服する案が出ていた。その中で、ロシアは日本の降伏時に北海道に侵攻する計画を持っていたと言われている。以下、『昭和と日本人』から一部抜粋して紹介する。2021年に亡くなった作家の半藤一利さんが書いた「失敗の本質」(角川新書)。
半藤一利氏の著書『昭和と日本人-失敗の本質』(角川新書)
本稿は、半藤一利著『昭和と日本人-失敗の本質』(角川新書)を再編集したものです。
■米国は開戦直後から「戦争終結」を想定していた。
 日本が太平洋戦争の開戦を決意したとき、当時の政府・軍部は、戦争をどう終わらせるかについてほとんど研究せずに突入したというか、すべてお任せしてしまった。一言でいえば、ヨーロッパにおけるナチス・ドイツの勝利を当てにして、単独で戦うアメリカはその時点で戦意を喪失し、有利な条件で講和に持ち込む方がよいと考える、非常に身勝手な政策であったのだ。
 一方、アメリカは、日本が戦争を始めたときには、もちろん戦争計画などなかったが、真珠湾攻撃で戦争が始まった直後から、すでに終戦計画を立て始めていた。
 具体的には、開戦の翌年1942年8月に東アジア政策研究委員会を設置した。もちろん、ヨーロッパでの対独戦争終結策も同時に検討されていた。このように、1942年8月から、この戦争をどのように終結させるか、どのような形で日本に対処するかということが検討され、1943年10月には極東地域委員会が発足し、実際の政策文書を作成するまでに至ったのである。19年1月には、これが戦後政策委員会に発展する。
 この頃になると、アメリカでは日本の敗戦は自明となり、占領政策をどうするかということを頻繁に考えるようになっていた。そして、1942年12月、国務省、陸軍省、海軍省の3省による調整委員会が発足した。つまり、この三省調整委員会が中心となって、日本の戦後処理策を考えていったのである。
そして、ソ連と共同で「日本占領分割計画」を策定した。
 その陰で、もう一つの構想が進んでいた。ソ連が戦後の世界運営の主導権を握り始め、ソ連とアメリカとの間で大きな交渉が始まっていたのである。11月18日のテヘラン会議で、ルーズベルトとスターリンが会談し、ソ連とアメリカが手を取り合って肩を並べて、戦後の世界政策をリードしていこうということになったのである。
 勝利は目前に迫っていた。戦後の設計を始めよう」と、二人は上機嫌でテヘランでの会談を終えた。ルーズベルトの上機嫌な様子は、三国同盟調整委員会にも伝わっていた。日本の友人であるソ連は、戦後の日本をどうするか考えるべきだということになり、三省は占領下の日本の分割統治案を出した。
 日本が降伏しても事態は収拾せず、当分はゲリラ活動や、反戦分子の反乱があちこちで起こるだろう。日本占領はそう簡単にはいかない。日本本土をうまく占領するには、膨大な数の軍隊を送り込まなければならないと計算したのだ。