ニートで働きたくない?絶対後悔する理由とは

・ニートで働きたくない?絶対後悔する理由とは
・そもそもなぜ働きたくないのか?ニートで原因は何?

社会のレールから外れてしまった「ニート」
定職に就かず、引きこもりや家から出ない人たち。

そんなニートで、ニートのまま働かないと絶対後悔することがあります。
それは何か?体験談から働かずニートのままだと絶対後悔する理由が、

【理由1】自由なようで実は生きづらいから
【理由2】社会との繋がりがなくなるから
【理由3】親を不幸にさせるから
【理由4】最後は一人になってしまうから
【理由5】気づいた時にはすでに手遅れだから

引用:ニートで働きたくないなら自分らしく生きればいい【でも絶対後悔する5つの理由】

特に大きいのが、ニートは自由なようで自由ではない。

会社員と違って社会的信用力はほぼゼロ。
地を這うように社会からは信用されないのがニートという身分。

さらに、社会との繋がりを感じられないのは絶望以外の何物でもない。
親に顔向けできないのも後悔を覚える理由の一つだといえます。

もし、いまニートから脱出したいと考えるなら。
早くに正社員就職を目指し行動に移すのがいい。

今まさに悩んでいるニートの方は、ぜひ参考にしてみてください。